ワキガの原因となっていること

ワキガの原因となっていることは二つあります。一つは、当然ですが腋からの汗になります。これはエクリン腺ではなく、アポクリン腺という汗腺から出ているものです。これがワキガの原因の根本ともいえます。しかし、それだけではない、というのが大きな問題でもあります。それが腋にいる雑菌になります。雑菌が汗を分解することによって、強烈な臭いを発するようになっているわけです。これをいまいち理解していない人がいないわけです。

 

ですから、まずは腋を綺麗にすることが大事になります。腋を清潔にすれば臭いを緩和できるようになります。だからこそ、しっかりと拭くようにしたほうがよいでしょうし、その為の道具を用意しておくとよいです。それこそがワキガ対策になるといえます。体質自体を変えることができるわけではないので、仕方ないことでもあります。やれることは食生活を改めること、そして、脇をよく拭くことです。それこそが重要なところであり、失敗しないコツになります。ワキガの原因は汗、というのはわかっているでしょうが、清潔にしていないので臭う、という人も沢山います。ですから、まずは清潔にすることを心がけることです。これがワキガ対策になります。

 

ワキガの原因は菌にあります

実は腋からの汗がワキガの根本の要素ではありますが、他にも要素があります。その一つが菌になります。腋にはいくらでも雑菌が存在しています。これは体の表面である以上、仕方ないことであるといえます。そうしないと逆に体に悪いとすら言える状況となります。では、何が問題であるのか、といいますと腋の汗腺であるアポクリン腺には様々な老廃物が入っています。それを外に出す効果もあるわけですが、そこが問題になります。

 

その老廃物を雑菌が分解してしまうのです。それから強烈なワキガ臭というのが生じるようになっています。ですから、腋の雑菌が問題である、というのは自覚しておいたほうがよいでしょう。但し、そもそも体質としてアポクリン腺が少ない、という人にはワキガは殆どでないです。つまりは、やはり体質に大きな影響がある臭いである、というのも確実にいえることになります。ですが、難しいことではないです。

 

要するに清潔にしていればとりあえずは絶対ではないですが、臭いを抑えることができるからです。これがまずは第一に考えるべきことになりますから、覚えておくべきです。ワキガ対策の一番の肝は腋を清潔にすることにあります。これが誰にでもできることです。

 

ワキガの原因を自覚すること

どうして自分がワキガであるのか、というのを知ると対策を自覚できるようになります。はっきりいって、これは体質の要素が強いです。汗腺の中にアポクリン腺というのがありますが、これが多いとワキガになりやすくなります。もう一つの汗腺であるエクリン腺においては、殆ど水分しか入っていないので臭いがしないのですが、アポクリン腺は老廃物や脂質なども染み出すようになっていますから、どうしてもそこから臭う汗が出てくることになります。

 

そして、微生物、菌がその汗を分解します。だからこそ、腋から臭いが出てくることになってしまうわけです。程度の差はありますが、腋にはアポクリン腺がとても多くあります。ですから、ワキガ、という言葉があるわけです。しかし、腋にしかないわけではなく、耳の裏や乳首の周辺などにもアポクリン腺がありますから、そこから臭うこともあります。耳の裏も意外と盲点といえますから、よく拭いておくことがお勧めできます。

 

自分がワキガである、というのを自覚しますと何かと対処できるようになります。それこそ、キチンと脇を拭くようにするだけでも多少は緩和できるようになっているからです。限界はありますが、無駄にはならないです。

 

ワキガ対策として考えるべきこと