前へ
次へ

弁護士も肩書だけでは食ってはいけません。

弁護士資格があれば食うに困らないは昔の話です。現在は資格を持って独立をしても年収が300万円に満たない者がたくさんいます。彼らの多くは一流大学出身者で、一流企業のサラリーマンになった同級生と比べると生活レベルは雲泥の差があります。学生時代、周囲は合コンやサークルで楽しんでても、モクモクと勉強して試験に合格しても年収が300万円に満たないでは、こんなはずじゃなかったと思う人が大半です。士業で唯一、資格があって優遇されるのは医師のみです。公認会計士も弁護士と同様に仕事がなく、税理士の仕事をやって生活をするのがやっとの状態です。しかし、士業でも独立して成功している人はいます。それは営業力がある人です。日本はコネ社会です。人脈が全てといっても過言ではありません。弁護士が独立する際は、先生といった肩書を捨て、人に頭を下げれるかが重要となります。

top用置換

top用置換2
Page Top